江戸風鈴

~えどぷぅりん~  東京下町に住む三毛猫姉妹の風と鈴

ワクチンのこと

この時季はあちこちで「仔猫の里親さま募集」を見かけますね。
皆さんはワクチンのことを充分ご存知かとは思いますが、これから初めての子猫を迎える方のため、そして自分の復習のためにまとめてみようと思います。

文字ばっかりのコムズカシイことだと読み飛ばされちゃいそうですが(すでに読まれてないかもw)可愛いニャンコのために頑張って読んでみてくださいっ。

たとえ獣医さんといえど、よその方まかせではイケマセン。
せめてワクチン接種の日だけでも良いので「3種って何のワクチンだっけ?」と病院にあるパンフレットを読み返してみてくださいね。


猫は犬と違って法律で決められたワクチン接種はありませんし、「全室内飼いだから必要ない」と言われる方もいらっしゃいますが、接種は必要だと思います。
飼い主さんの手・服・靴などを介して運ばれる場合はもちろん、ベランダでもウイルスや細菌に接する可能性もあります。
そして
自分のうちの子だけじゃなく、友人の、近所の小さな命たちのために。

我が家の風・鈴は、ワクチンに対してアレルギーが有ります。
副作用ってやつですね。
生まれて初めてのワクチン接種の時には、呼吸も荒くなり発熱でぐったりしました。
それからの1ヶ月は、2度目のワクチンを打つか、自問自答。
風と鈴の体力に掛け、先生と何度かの打合せと検診を行い、万全の体調で望んだ2度目は、発熱と3日間の食欲不振で納まりました。
それからは毎年、先生と打合せ行い、万全の体調で望みますが、万一を考えて朝一で接種して夕方まで病院で預かってもらっています。
おかげで、風と鈴の耳を触るだけで体温が解るようになっちゃいました(笑)


「猫白血病ウイルス感染症(FeLV)」は感染する危険性がある場合のみで良いと思いますが、3種混合ワクチンといわれる「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」「猫汎白血球減少症(パルボウイルス)」は感染力が非常に強いので、接種できる健康状態の子でしたら必ずしてあげてください。

一般的に、仔猫は生後2~3ヶ月くらいで初めてのワクチン接種を行い、確実な免疫を作るために約1ヶ月後に追加接種を行います。
生後2~3ヶ月後というのは、初乳で親から免疫(抗体)をもらい、その後それが段々減って自分で抗体を作る頃に初回接種を行います。

ですが、初乳を飲む前に捨てられていたり、感染リスクが高いなどの保護仔猫などは生後1ヶ月で1度目の接種を始めることもあります。
2度のワクチン接種後は、1年に1回の追加接種となります。
病院でも説明が有ると思いますが、ワクチン接種をして2週間程度すぎないと抗体は出来ません。

ちょっと話がそれますが、最近は狂犬病ワクチンを打たない 犬の飼い主さんが増えています。
「狂犬病なんて無いから」とか「国の金儲けだ」とか言って打たない方が増えてますが、現在の日本では狂犬病はありませんが、それは島国だから入って来難いだけ。
海外から密輸された動物から、新型インフルのようにいつ感染が広まってもおかしくはありません。
「狂犬病」と呼びますが人間を含めた全ての哺乳類に感染しますので、海外では猫も予防接種をしてます。


猫のワクチンは現在、一般的には3種混合ワクチンですが、そのほかにも4種、5種、7種とあります。

猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
ヘルペスウイルスが原因の猫の風邪の一種で、仔猫の時期がかかりやすいですが体力の落ちた成猫もかかります。
クシャミによる鼻水等の飛沫感染、接触感染、空気感染。
完全室内飼いでも、飼い主さんの手・服・靴・鞄などを介して感染する可能性、病院で感染も有りえます。
感染猫が使った食器、トイレ等は消毒。

猫カリシウイルス感染症(FCI)
猫風邪の一つで、猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)と混合感染する。
飛沫、接触、空気感染はもちろん、完全室内飼いでも飼い主さんの手・服・靴・鞄などを介して感染する可能性があります。
感染猫が使った食器、トイレ等は消毒。

猫汎白血球減少症(FIP)
パルボウイルスが原因の伝染性の胃腸炎で、感染力が非常に強く死亡率も高い。
ウイルスは猫の体外に出ても長時間(乾燥状態でも1年以上)生存し、完全室内飼いでも手・服・靴・鞄などを介して感染する可能性があります。
ウイルス自体を殺す治療方法はありません。
ワクチン接種をしていない猫がかかりやすく、感染すると急激に症状が悪化し、子猫は1日で死んでしまう事もある死亡率が高い病気ですが、ワクチンで予防する事ができます。
アルコール系消毒薬は効果ナシ、塩素系で死滅。


猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
免疫力を低下させる事により臓器に障害を起こしも腫瘍、腎臓疾患、血液疾患など様々な病気の原因にも。
感染猫の唾液、排泄物、血液、乳汁に含まれるウイルスによって感染するが、1~2回程度 感染猫の唾液が付いたくらいでは感染しないと言われてます。
仔猫は感染した母猫から感染。
感染から1ヶ月程度だと検査をしても「陰性(-)」になってしまうこともあり、逆に「陽性(+)」と出ても1ヶ月後には陰性になる場合もあります。
初期に適切な治療を行いウイルスを抑え、体内の免疫を助けてあげれば自然治癒することもあります。
感染しても症状が出ないことも多いですが、他の感染症にかからないよう獣医師と良く相談をして予防注射をしましょう。   

クラミジア
クラミジアとは、細菌とウイルスの中間のような微生物です。
感染猫との接触(口・鼻・目より侵入)感染。
感染するとクラミジアは全身に存在しますので排便にもクラミジアが混じりますので、多頭飼の場合は全員が感染します。


3種混合=●
4種混合=●◎
5種混合=●◎〇
7種は3タイプのカリシウイルスの予防



アメリカでは2~3年に1回接種で良いとされていますが、日本では1年に1回の接種を推奨されてます。
「獣医師が金儲けのため?」とも思っちゃいそうですが、日本とアメリカでは飼い主さんの意識、接種率が違うのです。
日本では1~2割の猫しかワクチンを接種していないのに対し、アメリカでは5割以上の猫がワクチンを接種していて、日本の猫社会とアメリカの猫社会では汚染状況が違うと考えられます。
それと、日本よりもワクチンの種類が多いので猫への負担、飼い主さんの金銭的負担もあり、ローテーションのような感じで打っているようです。
いつかワクチン接種率が高くなり、皆が確実に接種をするようになれば「ワクチンは3年に1度」になるかもしれませんね。

昨年認可された猫エイズ(FIV)のワクチン。
初年度は3回接種し、翌年からは1年に1度の接種となります。
エイズには何種類かあるのですが、全てに効果があるわけではないそうです。
そして、ワクチンを打っている子が検査をすると陽性反応になり、7割の子にしか免疫が出来ないとか!?
ということは・・・
ワクチン接種をしていたら感染しているのか判らない・・・ということですよね。
この件はまた確認できましたら記事にしたいと思います。




6.jpg

詳しくは6月13日の記事 アメショ柄(里親さま募集) をご覧ください




 | HOME | 

Calendar

« | 2009-06 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Profile

わらび

わらび

ペットケアアドバイザー(愛玩動物飼養管理士)1級。保護ワン・ニャンの里親さま探しをしながら勉強を積み重ねてます。東京・川の手地区出身/在住。

写真ホカの無断使用は禁止です。使う人はいないかもですけどw
↓管理人宛メール
メールはこちら

facebookはじめました

同盟バナー

----------
ひよこ豆
♀友達。わらびと一緒に住んでます☆
----------
ミャオ
ミャオ ♀
1987.2.14-2003.8.16
享年16歳。白血病のミャオとわたしが一緒に暮らし始めたのはミャオが11歳のときでした。中シッポ・縞三毛でない和三毛。
----------
風
風(ふう)♀
3歳過ぎまで空腹の意思表示すらしない子でしたがアピールできるようになりました。
(目の前に出してもキョトンとしてるだけですけど)
風(かぜ)のように・・・ある意味自由なタイプ。

鈴
鈴(りん)♀
生まれたときから一緒の『風』を守る姉御肌で人間も大好き。
鈴(すず)を転がしたような可愛い声と言われることも。

2003年8月27日、残暑厳しい野外に兄弟達とダンボールに入れられ放置されてた風と鈴。
まだ離乳前のチビチビでした。
2003年7月30日を誕生日に。
----------
麦プロフィール
麦(むぎ)♂ 旧:リュウタ
沖縄「80頭を救いたいプロジェクト」出身。反跳膝という疾患はありますが優しい、野菜が嫌いな草食系男子。
05年12月19日を誕生日に。
----------
花プロフィール
花(はな)♀
08年8月に千葉県の動物愛護センターより引出し。曲がったままだった右後足の大手術を頑張りました。
麦の妹となり、今では保護ワンの緊張を解すムードメーカー。
07年12月下旬生まれらしいので12月19日を誕生日に。
----------

facebook「えどぷぅりん」はじめました facebookはじめました

Recent Entries

Monthly

Categories




同盟バナー緑枠動画

bana-ju-goya.gif
素材をお借りしてます